薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

後発品を嫌がる患者さんに紹介する切札、オーソライズドジェネリック(AG医薬品)

AG導入で、ジェネリックの説明が楽になる! AGのメリットをご紹介

「ジェネリック医薬品は確かに先発医薬品と主成分は同じだけど、添加物やコーティングが違って、全く同じ薬とはいえないんだよね……」という悩みを抱える薬剤師も多いはず。
患者さんから後発医薬品の説明を求められた時、答えにくい質問もあることでしょう。その点、オーソライズドジェネリックなら、全く同じ製法・同じ原材料の薬剤であり、安心して紹介できます。今回は、ジェネリック医薬品の使用に抵抗感を持つ患者さんに対して、後発品を勧める切札となるオーソライズドジェネリック医薬品(AG エージー)を取り入れるメリットについてお伝えします。

オーソライズドジェネリック医薬品導入のメリット

そもそもジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品と同一の主成分(有効成分)を同一量含んだ薬です。しかし、添加物やコーティング、味などは必ずしも同一ではなく、先発医薬品とは違う面もあります。

 

その軽微な違いによって、患者さんによっては体内動態が異なる可能性や十分な副作用のデータがないことなどを不安に感じる方もいます。また、患者さんの中には、ジェネリックは先発医薬品の模倣品であり、効果が弱い・不純物が多いのではと疑問視される方がいるのも事実です。

 

これまではそうした課題があったものの、オーソライズドジェネリック医薬品(AG医薬品)の登場によって、現場の状況は変わりました。先発医薬品と添加物、コーティングはもちろん、形状や製法まで同じ医薬品であるAG医薬品なら、自信を持って紹介することができます。先発医薬品メーカーと契約を行い、同じ薬を作る権利を引き継ぎ製造されていることがわかれば、納得される患者さんも増えるのではないでしょうか。

実例から考えるジェネリック医薬品の説明

ジェネリック医薬品と比べ、窓口で説明しやすいAG医薬品ですが、実際に患者さんから不安視する声が聞こえた時には、どのような対応を行えばよいのでしょうか? 実際の例を挙げて、説明のやり取りをご紹介しましょう。
今回、事例として紹介するのは、口唇ヘルペスと診断されて処方箋をお持ちになった患者さん。バラシクロビルが一般名で処方されており、先発医薬品でもジェネリック医薬品でもどちらでも選べるようになっていました。

 

薬剤師:「ヘルペスの薬はジェネリック医薬品で準備してもよろしいでしょうか?」

 

患者さん:「ジェネリック医薬品って何か心配。効果が弱い感じがするし、そもそも、もとの薬の会社にちゃんと許可をとってるのかしら?」

 

薬剤師:「ご心配はよく分かります。今回、先生から処方されているお薬はAG医薬品が発売されている薬です。オーソライズドジェネリック医薬品はご存知ですか?」

 

患者さん:「オーソライズド? 初めて聞いたわ。他のジェネリックと何が違うの?」

 

薬剤師:「他の薬は、もとの薬とは通常違うメーカーが作っているものですが、オーソライズドジェネリックはもとの薬のメーカーから許可を得て、同じ製法でコーティングなどの原材料まで全く同じに作ったジェネリック医薬品なんですよ。」

 

患者さん:「へーそんな薬があるんだ。でも効果は違ったりするんじゃないの?」

 

薬剤師:「原材料も製法も同じなので、効果や安全性も、もとの薬と同じと考えてよいと思います。私達も安心してオススメできる薬です。」

 

患者さん:「いい薬なんだね。でも高いんでしょ?」

 

薬剤師:「いえ、ものによりますが先発品の半額くらいになります。実際に計算してみましょう。もともとの薬はバルトレックス錠(500)で1錠375.7円、オーソライズドジェネリック医薬品のバラシクロビル錠(500)「アスペン」は1錠155.4円/錠です。(2018年4月現在)今回は10錠処方で、3割負担なので約660円安くなります」

 

患者さん:「品質もよくて安くなるのね。じゃあ、ジェネリック医薬品にしてみます」

ネガティブな印象を払拭し、安心して使える薬として提供できる

オーソライズドジェネリック医薬品は、医療関係者や患者さんが感じているジェネリック医薬品のネガティブなイメージを払拭するメリットがあります。先発メーカーから権利を得て、同じ製法で製造されているだけでなく、副作用や薬物動態などのデータもそろっているため安心して提供することができる薬と言えるでしょう。

 

>>転職を考える薬剤師のよくある疑問と答えを見てみる

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト