薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

ボルタレンとロキソニンの併用はできる? 両者の違いと投薬時の注意点

ボルタレンとロキソニン、その違いを理解していますか?

ボルタレンとロキソニンは、いずれも鎮痛剤や解熱剤として処方されるものであり、多くの診療科で利用されているため、服薬している患者さんも少なくありません。市販薬としても販売されていることから認知度も高く、気軽に使用している人も多いようです。痛みや副作用の状況に応じて使い分けることは可能ですが、同時服薬しているとなると、また別の話。今回は改めて、ボルタレンとロキソニンの違いを確認し、投薬時の注意点を確認しておきましょう。

ボルタレンとロキソニンはどちらも非ステロイド性炎症薬(NSAID)

ボルタレンとロキソニンは、痛みや熱、炎症に効果がある非ステロイド性炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)として代表的な薬剤です。どちらも発痛増強物質であるプロスタグランジンの生成を抑えて、痛みを緩和する作用をもつ薬剤であり、副作用として胃痛や腎障害などが挙げられます。どちらも基本的に錠剤で処方されることが多く、1日3回服用といった共通点もありますが、実際にはその特性は大きく異なります。

ボルタレンとロキソニンの違いは

では、同じNSAIDのグループに属するボルタレンとロキソニンは、どのような違いがあるのでしょうか。

ボルタレン

ボルタレンはジクロフェナクナトリウムを主成分とし、フェニル酢酸系に分類されるNSAIDのひとつです。酵素のひとつであるシクロオキシゲナーゼの働きを抑えることで、発痛増強物質であるプロスタグランジンの生成を阻害します。
ボルタレンは強い鎮痛作用があることから、手術後や抜歯後の痛みや、激しいのどの痛み、関節痛などに処方されることが多いのが特徴的です。また、内服薬は市販されていないため、服薬には医師の処方が必要です。加えて、ボルタレンには、「眠気、めまい、霧視(むし)を訴える患者さんには、運転等危険を伴う機械の操作に従事させない」といった注意義務があります。

ロキソニン

一方で、ロキソニンの主成分はロキソプロフェンナトリウムであり、プロピオン酸系に分類されるNSAIDです。ロキソニンの作用機序はボルタレンと同じですが、その鎮痛効果はボルタレンには及びません。しかし、ボルタレンと比べて即効性があるのが特徴です。また、ロキソニンは内服薬であっても市販されていることから、一般の患者さんが入手しやすく、認知度が高い傾向にあります。ボルタレンと大きく異なるのは、ロキソニンには運転注意義務がない点です。

 

それぞれ同じような機序で働く2つの薬ですが、期待される効果の強さや即効性、服薬指導時の注意点などで異なります。

ボルタレンとロキソニンは基本的に併用できない

ボルタレンとロキソニンは、同一薬効成分を持つものであり、重複投与の観点から見ると併用はおすすめできません。その理由は、薬学的観点において、特に、副作用リスクの上昇が考えられるためです。

 

痛みの伝達に関わる酵素シクロオキシゲナーゼには「COX-1」と「COX-2」の2種類があり、それぞれの働き方が異なります。基本的に、NSAIDはCOX-1を阻害するものであり、ボルタレンやロキソニンも、同じ機序で作用します。しかし、COX-1は胃粘膜の保護に関わる物質でもあり、COX-1に過剰に働いてしまうと、痛みは止まったとしても胃粘膜にダメージをもたらす可能性があります。同じような副作用を持つ2種類の薬剤を併用してしまうと、そのダメージも倍増する可能性があり、身体への負担が大きくなることが考えられます。

 

ただし、ボルタレンもロキソニンも半減期は短いことから、体内消失速度は速い傾向にあります。きちんと時間を空けて服用ができていれば、併用は可能ですが、お薬手帳で異なるクリニックからそれぞれボルタレンとロキソニンが処方されていることがわかった場合などはドクターに疑義照会のうえ、処方調整をおこない、同時服用を行わないように、十分に指導する必要があるでしょう。

外用薬であれば、成分量によって併用も可能

内服薬どうしでの併用はできないものの、血中に入る薬の量が少ない外用薬であれば、併用が可能です。ただし、この場合も成分量をしっかりチェックしなければいけません。
ボルタレンのテープ剤は、軟膏やロキソニン外用剤と比べて効果が高く、大量に貼ってしまうと、内服の併用と同じような副作用が発生する可能性があるでしょう。おおよその計算では、ボルタレンテープ(30mg)24枚で、ボルタレン(25mg)1錠に相当します。

 

また、ロキソニン(60mg)1錠分は、ロキソニンテープ(100mg)では226枚となり、実際にそれほど大量の枚数を使用することは物理的に難しいでしょう。そのため、ロキソニンであれば、内服と外用剤を併用することは可能です。とはいえ、腎臓障害の副作用が懸念される場合や、外用剤の大量使用が示唆される場合にも、疑義照会ならびに慎重な服薬指導が必要になるでしょう。

長引く痛み、激しい痛みを訴える場合は、投薬期間なども再確認を

ボルタレンとロキソニンは、効果が出るまでに時間差はあるものの、どちらも痛みを緩和してくれる作用があります。痛みに悩まされる患者さんにとっては、ありがたい薬剤であると同時に、その手軽さから長期間服用してしまったり、過剰服用してしまったりするケースも少なくありません。
鎮痛薬は、本来、常習的に服用する薬ではないことを伝えたうえで、投薬期間を確認し、痛み止め効果のある市販薬を併用していないかをチェックすることも必要です。また、同時期に内服薬同士の重複処方が行われている場合には、疑義照会を行うことになります。さまざまなパターンを想定しながら、上手に指導を行っていきましょう。

 

>>薬局の疑義照会と多剤併用対策でどんな点数がつくのか見てみる

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト