薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

ベルソムラは他の睡眠薬と違う? ロゼレムとの違いや特徴とは

覚醒系に働く「ベルソムラ」が他の睡眠薬とは違うといわれる理由とは?

精神科に限らず、近年では症状に合わせて睡眠薬を処方されることが増えてきました。睡眠薬には多くの種類がありますが、場合によっては強い副作用や依存性を持つものもあり、服用に不安を覚える患者さんも少なくありません。睡眠薬というと、その性質から大きなカテゴリーでまとめてしまいがちですが、他の睡眠薬とは異なる特徴を持つ「ベルソムラ」について理解しておきましょう。

睡眠薬の特徴

「マイスリー」や「デパス」など、日々の調剤でも睡眠薬を処方される患者さんがいます。睡眠薬といえばベンゾジアゼピン系か非ベンゾジアゼピン系に大きく分けられますが、いずれも睡眠メカニズムにおける抑制系の作用を強めることで、睡眠を強制的に誘導するのが特徴です。非ベンゾジアゼピン系となる「マイスリー」「アモバン」「ルネスタ」などは、薬理作用の特徴からベンゾジアゼピン系に比べて依存性や耐性、副作用が出にくいとされており、処方される頻度も高いようです

 

こうした睡眠薬が定着するなかで、これまでとは異なる特徴を持つ新薬も出てきました。2010年に発売された「ロゼレム」は、ベンゾジアゼピン系でも非ベンゾジアゼピン系でもなく、睡眠系のホルモンであるメラトニン分泌を刺激することで体内時計を調節し睡眠を誘導するもの。海外ではメラトニンのサプリメントを使った睡眠改善が行われることも多く、「ロゼレム」はこのメラトニンと同じような作用を発揮するのが特徴です。体内時計を調節するという点で、今までの睡眠薬と作用機序は異なりますが、「ロゼレム」も抑制系に働く睡眠薬です。このように、これまでの睡眠薬は抑制系に働くものがほとんどでしたが、2014年に発売された「ベルソムラ」はまったく新しい作用機序が注目される睡眠薬です。

「ベルソムラ」の特徴

「ベルソムラ」はこれまで一般的だった睡眠薬とは異なり、抑制系への作用がないのが大きな違いです。脳内における覚醒物質に作用して、過剰に働く覚醒システムを抑えることで睡眠状態へと導きます。今までの睡眠薬が抑制系に作用するのに対し、「ベルソムラ」は覚醒系に作用するというまったく異なる特徴を持っています。

 

「ベルソムラ」は抑制系に働く睡眠薬とは作用機序が異なるため、傾眠や高齢者の転倒リスクなど、今までの睡眠薬で多くみられてきた副作用が少ないのではないかと期待されています。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、せん妄や一過性健忘の原因となりやすいことはよく知られており、高齢者へ使用することに対して抵抗を持っている医療従事者もいます。またベンゾジアゼピン系の睡眠薬は高齢者の認知症リスクを高めるという報告もあり、長期的な影響も気になるところですが、「ベルソムラ」にはそうしたリスクが少ない可能性があります。
アルツハイマー病の原因として、アミロイドβの過剰蓄積があることが考えられていますが、オレキシン受容体拮抗薬である「ベルソムラ」は、夜間のアミロイドβ濃度が減少したという報告もあります。新薬であり、まだまだ臨床における処方実績は多くありませんが、従来の睡眠薬に比べて副作用の発現リスクは少ないと考えられています。

 

生活習慣や生理的に睡眠リズムが崩れがちな高齢者と不眠は切っても切れない関係にあるため、高齢者への睡眠薬の処方はよくみられます。ベンゾジアゼピン系睡眠薬の漫然とした処方に対しては、患者さんのヒアリングをしたうえで薬剤師の視点から疑義照会を考えることもあるでしょう。その際に、他の睡眠薬とは異なる「ベルソムラ」の特徴を説明できれば、別の選択肢として処方の変更を検討してもらえるかもしれません。

処方制限がない「ベルソムラ」

新薬にかかる処方制限も、「ベルソムラ」は2015年12月に解除されています。2016年11月に「デパス」や「アモバン」について30日の処方制限が設けられたことから、睡眠薬の処方日数については慎重に確認をしている薬剤師がほとんどでしょう。しかし、「ベルソムラ」は他の睡眠薬とは異なり向精神薬には分類されておらず、30日の処方制限がない点も特徴といえるでしょう。(2018年2月現在)

睡眠薬は抑制系か覚醒系か体内時計か

「ベルソムラ」は他の睡眠薬とは違った独自の特徴を持っているからこそ、患者さんへの服薬指導も工夫したいところです。睡眠薬に不安を感じ、処方されたものの飲まずにいる患者さんもみられます。「ベルソムラ」が処方された患者さんの服薬指導のポイントは、「人間本来の自然な眠りに近い形で睡眠を促す薬である」と伝えること。覚醒系を抑制しながら眠りにつくのが、本来の身体の仕組みです。強制的に眠りを誘導するわけではなく、興奮を和らげながら入眠に導く作用があることを伝えられるといいでしょう。

 

>>未経験者のための治験業界セミナー日時を見てみる

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト