美&健康トレンド

ビューティー

薬剤師の美と健康を応援 美エースをねらえ!

転職面接や職場で印象UPを目指す薬剤師のための美と健康のお役立ちコラム。業界ツウのセンパイ記者が取材した最新情報を、悩める薬剤師ナビ美に伝授します。

Vol.4 薬剤師の悩みを美の達人が解決!薬剤師のストレス“マスクのメイク崩れ”とは

薬局や病院で働く薬剤師のストレスのひとつ、マスクによる美の弊害――。マスクにメイクがべったり、蒸れる…。前回に続き、薬剤師を悩ますマスクとメイクについて、美容記者歴25年のセンパイが迫ります!

センパイに教わった「マスクにつかない、すっぴん風メイク」、実践してます!

ナビ美
センパイ

ナビ美、甘いわよっ! お肌の疲れが隠しきれてないわ…。

うっ(涙目)、ファンデーションがすぐとれちゃうんですぅ。

ナビ美
センパイ

薬剤師を悩ますメイク崩れに、必殺テクで美肌感を底上げよ!

崩れないメイクテク① リキッドを叩き込むべし!

「肌の疲れが隠しきれないなら、パウダーではなく、リキッドタイプを選んで。肌にピタッと密着させることで、崩れにくくなりますよ」
こう話すのは、女性誌や広告などで活躍するヘアメイクアップアーティストVIRTU主宰・加藤聖子さん。

リキッドは塗り方がポイント! 顔全体にリキッドファンデを薄ーく伸ばしたら、スポンジで叩き込むようになじませます。さらに無色透明のフェイスパウダーを軽くのせると、表面がサラサラになって、より崩れにくくなります。

「一見、しっかりつきそうなパウダリーはマスクの蒸れで崩れやすく、マスクの裏にもつきやすいので、『マスクにファンデがつくのがイヤ』という人にはおすすめしません」

なんだか最近メイクの楽しさに目覚めました♪

ナビ美
センパイ

ノンノン! ギャルみたいなラメや極太アイライン…イタすぎるわ!

マスクだから…目元で勝負したかったんですぅ

ナビ美
センパイ

おだまり!重ねるほど崩れやすくなるわ、目の下真っ黒よ!

薬剤師は1週間で転職できる? 記事を読んでみる↓Click

崩れないメイクテク② 目元は崩れてもOKな色みを

「マスクから出ている目元ば、かりがんばりすぎると怖いし、手をかけなければ『病人?』のよう…。そのバランスが大事ですよね」と、加藤さん。

◆目元は崩れてもOKな色を!
OKカラー NGカラー
オレンジ、ベージュ 黒、ブルー、紫、こげ茶など

まず、アイカラーは肌馴染みの良い色をチョイス。オレンジ系やベージュ系の、ツヤがあって肌がキレイに見えるような色がおすすめ。
肌馴染みのよい色なら、ちょっと下まぶたに滲んでも悪目立ちしません。
一方紫やブルー、黒など、濃い色が混じってしまうと、崩れたとき汚く見えてしまいます。
また、膨張色のピンク系は、マスクメイクの場合、目元がすごく腫れぼったく見えてしまうので要注意です。

崩れないメイクテク③
アイライナーは茶のウォータープルーフ

アイライナーは、黒ではなく茶色のウォータープルーフのペンシルを。ラインを引いたら、細いチップなどに茶色のアイカラーを取って、ワイパーのように左右になぞって、なじませます。このひと手間で目元に立体感が出る上、ラインがにじみにくくなるのです。
マスカラも同様に、茶色のウォータープルーフを。にじむと下まぶたにつきやすくなるので、必ずビューラーでまつげを根元からしっかり上げてからオン。マスク女子と目が合った時、一番目立つのはまつげなので、マスカラはダマにならないように、丁寧につけましょう。
ラインはチップでなじませる、まつげはビューラーでしっかり上げる…手をかけるところはかけておけば崩れにくくなるし、マスクを取った後もメイク直しが簡単ですよ」

目指すのは、目で「どうしましたか?」と優しく問いかける感じのアイメイク。薬局や病院で働く薬剤師さんは、幅広い人に安心感を与えることが大切なお仕事なので、マスクをした状態でのバランスを考えましょう。
次回は患者さんに高感度がアップするメイク術を伝授します。ごきげんよう、チャオ♪

取材協力/ヘアメイクアップアーティストVIRTU主宰・加藤聖子 http://virtu.info/

イキイキ働く魅力的な薬剤師って? 職場の声をお届け

取材・文/美容記者歴25年・丸山月世美

女性週刊誌・現役美容デスク。美への探求心から多彩なテーマで体験取材を実践。山本浩美ほか美容研究家や美容クリニックに幅広い人脈を持つ。

取材・文/美容記者歴25年・丸山月世美

女性週刊誌・現役美容デスク。美への探求心から多彩なテーマで体験取材を実践。山本浩美ほか美容研究家や美容クリニックに幅広い人脈を持つ。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト