接遇マナー・テクニック 接遇マナー・テクニック
困ったときに薬(やく)立つ、薬剤師の接遇・マナー
困ったときに薬(やく)立つ、薬剤師の接遇・マナー

サプリメントについて聞かれたら
サプリメントについて聞かれたら
患者さんから「●●サプリメントと▲▲サプリメント、どちらの方が効果がありますか」「テレビで話題の○○サプリメントは飲んだ方がいい?」とよく質問されます。このように聞かれた場合、皆さんはどう答えているのでしょう。

Answer
Answer
世間一般的にはサプリメントも薬も「似たようなもの」
この質問者さんはドラッグストア併設薬局の方ですね。それならなおのこと、サプリメント情報について毎日のように相談をされると思います。薬剤師の中には、サプリメント=補助食品として、「薬のことはわかるけどサプリメントは専門外だから……」と捉えている人も少なくないようです。しかし、世間一般的なイメージからすれば、サプリメントも薬も身体の不調を改善させる“似たようなもの”。当然、「薬剤師はサプリメントにも詳しい」と思われています。
そのことを大前提にしたうえで、今回の質問について考えてみましょう。まずやってほしいのは、「どうしてそのサプリメントを飲もうとしているのか?」をしっかり聞き出すことです。サプリメントを飲むのは、身体のどこかに不調や不安を感じているから。詳しく話を聞くことで、思いがけない副作用が判明する、あるいは治療に役立つヒントが見つかるかもしれません。薬剤師の職能を発揮する場でもあるのです。

知らないことは、調べてでも答える
また、薬をお出ししている患者さんであれば、相互作用の問題もあります。ご存知の通り、一緒に摂取しない方がいい、あるいは摂取してはいけないサプリメントもあります。「薬のことを柱に、健康に関することはなんでも相談できるプロフェッショナル」として、幅広いアドバイスができるようになってほしいと思います。
とはいえ、世の中には星の数ほどのサプリメントが販売されているので、すべてを把握するのは難しいのも事実。聞いたことがないような商品について聞かれることもあるでしょう。そんなときは、「わかりません」と答えて終わりにするのではなく、「今すぐにはわからないのですが、少しお時間をいただければ調べてご連絡します」とお伝えできるといいですね。
最近では、栄養士さんを採用しているドラッグストアも増えているようなので、栄養士さんがいるお店であれば、「専門のスタッフがお答えします」と伝えて、代わってもらうのもいいでしょう。もちろん、その場合は自分自身でも調べることをお忘れなく。

なぜサプリメントを飲みたいのか、相手の背景を聞き出したうえで的確なアドバイスを!
なぜサプリメントを飲みたいのか、相手の背景を聞き出したうえで的確なアドバイスを!

村尾 孝子
村尾 孝子(むらお たかこ)
薬剤師、医療接遇コミュニケーションコンサルタント。
株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。
薬剤師として総合病院薬剤部、漢方調剤薬局、調剤薬局で20年以上にわたり調剤、患者応対を経験。管理薬剤師として社員の人材育成に注力する。
現在は医療現場経験を活かし、医療接遇コミュニケーションコンサルタントとして活躍中。
株式会社スマイル・ガーデン : http://smile-garden.jp/
ブログ「いつもワクワク Always Smiling!」: http://smilegrdn.exblog.jp/
薬剤師さんからの質問大募集!村尾孝子先生が、あなたの質問にお答えします
薬剤師さんからの質問大募集!村尾孝子先生が、あなたの質問にお答えします

今さら人に聞けない接遇・マナー、クレームへの対処方法など、薬剤師さんからの質問を募集しています。カルテ情報(お名前、薬剤師歴、年齢、性別、勤務先種別)を記入の上、こちらからご応募ください。皆さんの質問に、村尾孝子先生がわかりやすくお答えします。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト