季節・イベント

第104回薬剤師国家試験に何が必要?日程は?

薬+読 編集部からのコメント

第104回の薬剤師国家試験の願書配布が始まっています。
◆試験日程は、平成31年2月23(土)、24(日)
◆書類提出は、平成31年1月4日(金)~16日(水)
試験勉強も追い込みのシーズンですね!

薬剤師国家試験に必要な書類と日程


第104回薬剤師国家試験の願書配布が10月下旬より始まっています。必要な書類は揃いましたか?

もう一度、試験日程や、書類受付の日程、書類を確認しておきましょう。

 

◆受験に関する書類提出

平成31年1月4日(金曜日)~16日(水曜日)までに提出

 

◆試験日程

平成31年2月23日(土曜日)・24日(日曜日)

 

◆合格発表

平成31年3月25日(月曜日)午後2時

 

◆すべての受験者が提出する書類

・受験願書
・写真(縦6㎝×横4㎝)
・返信用封筒(受験票送付用)

そのほか、該当者は、
・卒業証明書又は卒業見込証明書
・薬剤師国家試験受験資格認定通知書の写し

なども必要になるので、準備を急ぎましょう。

 

出典:厚生労働省 薬剤師国家試験


第103回薬剤師国試の新卒合格率は84.87%

 

「薬+読」でもご紹介した薬事日報社のニュース「【18年就職調査】「非就職」「未定」減少に転じる‐増加は一服も、依然高止まり」によると、

 

・第103回薬剤師国試の新卒合格率は、84.87%でほぼ前年並み

・新卒者のうち国試を受験しなかった人は973人で、昨年の1342人から大幅減

・新卒者の23.7%が薬剤師資格を取得せず

・新卒者の10.2%が国家試験を受験しない

という状況となっています。

 

2月3月は薬剤師の転職市場が活況

国家試験が行われる2月、3月は薬剤師の転職市場が1年で最も活発になる時期でもあります。

前述のように、「新卒者のうち約10%が国家試験を受験しない」ということは、新卒の採用数が不足する事態が予測されるため、キャリア採用が活発になるといえるでしょう。

国家試験をクリアした皆さんも、国家試験の合格率や例年の推移に注目して、転職活動に活かしてください。

過去の薬剤師国家試験の傾向や合格率の推移については、マイナビ薬剤師で記事「薬剤師の国家試験と転職市場」を読んで参考にしてみてください。

 

 

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

ページトップへ