サイト内の現在位置

動画で現場の様子をチェック!

サンドラッグは全国的に店舗展開をしている、東証一部上場のドラッグストアチェーンです。ドラッグストアを核に、調剤併設店、調剤専門薬局をグループ展開しています。そしてグループ企業の中で、「薬剤師の教育研修機関」として独自の役割を担っているのがサンドラッグファーマシーズです。同社の薬剤師は、その質の高い店舗運営を通して「プロフェッショナルな保険薬剤師」として成長・活躍するだけでなく、店舗の新人や後輩、さらにはキャリアアップしてエリア内の部下を教育するなど、「薬剤師を教えられる薬剤師」として育成されます。充実した研修カリキュラムはもちろん、教育者としてのレベル認定、処方箋に追われない働き方など特色が際立っており、調剤と教育のプロを目指す人に理想的な環境です。薬剤師の声を反映する風通しの良さも魅力です。

薬剤師を育てる薬剤師に。
教育という重要な使命を担っています

地域のかかりつけ薬局として、質の高い店舗づくりに取り組んでいます
まずサンドラッグファーマシーズについて教えてください。

サンドラッグファーマシーズは、サンドラッググループのなかで調剤専門薬局を展開する会社です。首都圏が中心ですが、大阪、名古屋、栃木、新潟にも店舗があり、今後は出店エリアを拡大し、九州なども含む主要都市への出店を予定しています。今回採用する方は、勤務希望地を踏まえて、当社含むサンドラッググループの社員として全国の調剤薬局に配属しますが、いずれにせよ当社の店舗を経験していただくことから、今回、私が代表してお話ししています。

サンドラッグファーマシーズには、2つの事業目的があります。1つは、地域の「かかりつけ薬局」として、患者様が求める質の高い薬局を実現すること。そのために立地、システム、薬剤師教育とさまざまな取り組みを進めています。そしてもう1つは、サンドラッググループの薬剤師の研修機関としての役割です。どんな処方箋にも対応できるのはもちろん、保険請求業務を含めて調剤に関することは全て1人でできる力を備えた、自立した薬剤師を育成しています。具体的な手段は環境と教育の2つで、環境面でいうと、当社の薬局のほとんどは、総合病院や医療モール・医療ビルに隣接して設置されており、幅広い処方を経験することができます。また調剤過誤対策については、業界トップクラスを誇り、最新のシステムを導入・カスタマイズして使用しているほか、当社オリジナルの「テレビ監査システム」や調剤過誤防止マニュアルなど、インシデントを防ぐためにあらゆる手段を講じています。業務を通して調剤のプロフェッショナルに成長できる環境であることは間違いありません。

サンドラッグ調剤部の部長として、これまで私自身、一つひとつ店舗を見て歩き、店舗運営や調剤過誤防止・調剤内規、「適切な保険調剤行為を遵守する為のマニュアル」作成や指導に携わった。「薬剤師が経営に関わる会社だから、現場の意見を吸い上げる風通しの良い社風が自然と生まれています。それが当社の魅力です」と落合社長。
サンドラッググループの薬剤師に調剤知識を教えるポジション
教育面ではどんなことをされていますか。

入社後、年に10回ほど、本部の研修センターにて調剤訓練を行っています。遠隔地の方はTV会議で参加します。これは薬剤師に教えることのできる「責任者」を育てるための研修で、初級からスタートし、実施を含めた進捗状況を細かくチェックして徐々にクラスアップしていきます。中途採用の方の場合は、その人の経験や能力を判断して、中級または上級クラスから始める場合が多いですね。概ね中級クラスの後半からは自店の薬剤師を指導できるように教育しています。

つまり教育・指導も業務のひとつだと。

仰る通りです。当社は教育機能に重きを置いていますから、第一義に利益を追求する会社ではありません。したがって1人あたり1日の処方箋受処理も抑えて余裕をつくり、業務時間内で教育に費やす時間を確保しています。教えるのは新人をはじめ、サンドラッググループから来ている薬剤師たち。グループ全体の薬剤師を対象に、調剤知識向上のための指導を行う立場に就くのが際立った特色です。ですから当社では、調剤の力をより高めたい、なおかつ将来教育に携わりたいという方を求めています。その上で、当社を今よりさらに良い会社にしたいという熱い心がある人なら、諸手を挙げて歓迎します(笑)。入社後教育指導を核に、マネージャーや本部社員とキャリアも広がっています。

部下教育と店舗運営に取り組んでいたマネージャー時代の優秀な部下が片腕。新卒入社の場合だと早くて2~3年目から店舗の新人を教育できるようになり、クラスが上がると月間に30~34時間は部下教育に費やす。優秀な人材にはさらに沢山のチャンスが広がっている。

薬剤師は一生の仕事。
だからスタートが肝心です

新卒と同じカリキュラムで薬剤師として再スタート
転職の理由を教えてください。

前の薬局では日々の業務で精一杯。一生薬剤師を続けるには最初が肝心と思っていたので、「もっと勉強したい」という思いが次第に募るようになりました。たまたま友人がサンドラッグファーマシーズに入社していて、「研修がとてもきちんとしている」という話を聞き、その言葉に心が動きました。

実際はいかがでしたか。

前の職場ではミスが多く、すっかり自信をなくしていたことから、「新卒と同じ扱いにしてほしい」と頼んで新人研修を受けました。そもそも新人と同等にスタートできることが、転職の第一条件だったんです。研修は聞いていた以上に丁寧で、たとえば一つひとつの課題に合格しないと実業務へ進むことができません。投薬の試験は3か月後の7月に、最後の監査の試験は12月にありました。さらに当社では、領域ごとに毎月、「知識訓練」という授業のような研修を受講します。まず講義があって実践、という繰り返しなので、知識不足で不安な状態のまま患者さんの前に立つことがなく、着実にスキルアップできると思います。

「やりがいは患者さんから『あなたに話して良かった』と感謝されること。たとえば副作用の心配でも、どんな症状を懸念しているのか、掘り下げて話を伺うようにしています。研修で報告があった事例に遭遇することもありますが、事前知識があるため落ち着いて対処することができています」と町田さん。
いま勤めている常盤平薬局はどんな店舗ですか。

医療モールの一階にあり、上階には漢方内科や小児科、耳鼻科、整形外科、メンタルクリニックが入居しています。とくに漢方内科の処方は、近隣の薬局のなかではここだけ生薬の煎じ薬も出していて、幅広く、かつ専門的な処方が経験できるのが特色です。近くの総合病院からの患者さんも多いです。

知識を自分のものにしながら着実にステップアップしています
今は指導を受けておられる立場なのですね。

はい。当社の特色は「保険薬剤師」の名に恥じないよう、外来調剤に関わる全ての業務を薬剤師ができるようになることです。当面の目標はそんな薬剤師に成長することで、その上で、人に教える力を身につけたいと思っています。いま、私を指導してくれているのは調剤トレーニングリーダーの方で、常盤平薬局にもよく応援に来てくれます。そのときにまめにアドバイスをしてくれるはもちろん、監査などの試験が終わる度に一対一で話をし、監査の場合だと「これまでこういうミスの報告があった」「私はこのポイントに気をつけている」などと、事例や実体験を丁寧に伝えてくれるため、とても参考になります。また私自身も月に1~2度のペースで世田谷薬局に応援に入っています。

一生、薬剤師を続けられそうですか。

もちろんです。当社だと分からないことをそのままにせずに一つひとつ確実に理解して前に進めますし、知識を錆びつかせることもありません。かつての私のように「これでいいのかな」と悩みながら仕事をしている薬剤師さんには、とくにお勧めです。薬剤師は一生ものの資格だからこそ、スタートが大切ですから。また働く環境に関しても、常盤平薬局にも子育て中の薬剤師がかなり多いので、長く働くイメージがもてて、とても安心しています。有給もしっかり取れるほか、それとは別に結婚休暇もあるので、仕事に慣れたらぜひ取りたいですね。

勉強も兼ねて定期的に世田谷薬局に応援に入る。システムが統一されているので業務に戸惑うことはなく、顔見知りの患者さんも増えた。世田谷薬局も常盤平薬局と同じく診療科は幅広いが、自店での経験を生かして、とくに子どもとその保護者にはきめ細かく接している。

部下教育も店舗運営も。
目標はいきいきと働ける環境づくり

一人ひとりに働きかけることにより、成長する姿を見るのがやりがい
青山さんの仕事を教えてください。

調剤トレーニングリーダーには大きく2つの仕事があります1つは部下教育。担当する店舗を定期的に訪問して、新人から薬局長に至るまで、それぞれ気付いた点を教えたり、業務面や働く環境など、さまざまな相談に乗ったりしています。また調剤トレーニングリーダーはマネージャー職なので、使い勝手の良い動線を考えたり、必要と思われる機械や設備の導入を検討したりして、従業員が働きやすい環境を整えるよう努めています。調剤部では当社を含めグループ店舗を75店管轄していて、私はそのうち6店舗を担当しています。

指導にあたり気をつけているのはどんな点ですか。

マネージャーともなると30~40人の部下を見るわけですが、一人ひとりの性格や背景を考慮するようにしています。最初の頃は全員に対して同じように指導していましたが、やはり理解度に個人差があると気付いたので、その人その人にあった話し方や指導の仕方を心がけています。また話した後に時間をおいて、きちんと理解されているか確認するのも大事ですね。とくに新人の服薬指導に関しては、自分の知識をとにかく(患者さんに)伝えようとするのではなく、患者さんの表情を見たり、生活環境を伺うなど「聞き上手になってほしい」と根気よく説き続けています。最初は右も左もわからなくても徐々に成長していく姿を見ると、「私の言葉が響いたのかな」とやりがいを感じますね。

入社理由について、「教育を重視する会社で、処方に追われない業務体制を築いていることに加え、成長過程にあるがゆえの風通しの良さが魅力でした」と語る青山さん。学生実習の担当も務め、大学訪問やOSCEの評価者、新卒採用会社説明会の運営なども経験した。「薬局の中だけでなく、さまざまな人と出会える会社です」。
教育の中身も「面倒見の良さ」が魅力です
御社の魅力は何でしょうか。

やはり教育です。私が入社してからも毎年毎年カリキュラムが改訂されて、どんどん進化しています。また教える側の教育担当者も学生実習などに関わった者が多いので、今の薬学部の教育内容や、卒業時点の学生のスキルを把握しています。ですから新卒はもちろん、第二新卒などまだキャリアの浅い薬剤師について、その背景を理解しながら教育することができます。研修についてもeラーニングなどで配信してそのままではなく、必ず集合研修で、本部やサテライトなどに実際に集まってもらって生の授業を行います。つまり教育の中身もフォローまでしっかりしていて、非常に面倒見が良いんですね。

中途入社の方の教育はどうですか。

もちろん中途入社の方も手厚く対応しています。希望すれば一から新卒用のカリキュラムに参加できますし、そこまでしなくてもいい方は色々な訓練を受講できます。中途入社の方用にどんな業務ができるのかというチェックリストもあるので、経験があるから大丈夫、と放っておくことは絶対にありません。またキャリアのある方には、その人の持ち味を生かせる業務や場を一緒に考えます。一人ひとりの成長と活躍を応援することに関しては、他に例がないほど充実した仕組みと人がいますので、中途の方も安心して入社していただきたいですね。

「やりたいことができているためか、次から次へとチャレンジしたいことが湧いてきます」と頼もしく語る青山さん。新店の開発にも興味があり、手すりを備えた投薬カウンターや、子どもの安全のために画鋲を一切使わない店舗などアイデアは尽きない。薬剤師の声を反映する社風だから意欲も高まる。

株式会社サンドラッグ

設立 1965年4月
所在地 東京都府中市若松町1-38-1
店舗展開 1070店舗
従業員数 12,296人(内 薬剤師1496人)