サイト内の現在位置

創業から30周年の同社は、福岡県を中心として、調剤薬局部門とバイオ部門の2本柱で事業を展開している企業です。カフェを併設した調剤薬局「ココフル」で販売されている同名のオリジナルグラノーラブランドをはじめ、付加価値の高い薬局づくりを標榜する同社。「医食動検」(医療・食事・運動・検査)をテーマとした健康関連事業への取り組みも活発です。常に時代の少し先を見据えながらの挑戦を恐れない同社では、漢方、サプリメント、人材育成など薬剤師の中でも更なるスペシャリストを目指すためのコンテンツが充実しています。専門性を高めながら、多角的にキャリアを考えることができます。現在、調剤薬局は福岡県内外に8店舗、バイオ事業、関連会社(インドネシア)1社を展開しています。

薬局事業で「地域のありがとう」、
バイオ事業で「世界のありがとう」を創出します

「医食動検」(医療・食事・運動・検査)をテーマに健康サービスの提供を
御社の強みについて教えてください。

超高齢化の社会を迎え、調剤薬局の役割や薬剤師の役割も時代と共に変化します。会社の強みは時代によって刻々と変化していきますが、その強みを創り出すのは、どの時代も常に「人」、すなわち「社員」です。社員こそが自社の強みを構成するという考え方で日々、スタッフと共に事業を行っています。

御社の店舗展開は多彩ですね。

私自身が薬剤師として働いてきた中で、「もっと患者さんへ積極的に関わることができるのではないか」との思いがずっとありました。そこで調剤薬局に“個性”を持たせ、人の温かみや関わりを増やすことで、患者さんや地域の健康のために本当の意味で役立ちたいと考えたのです。そうした中で「食事」「運動」「医療」とそれらを客観的に把握するための「検査」を合わせた「医食動検」と呼ぶ弊社のサービステーマが誕生しました。現在、弊社には24時間運営の調剤薬局やカフェの併設店舗、健康チェックができる店舗があり、これから更にこれらを充実させていきたいと考えています。やみくもに店舗数を増やすのではなく、質と新しい価値にこだわった展開を常に心がけています。また、設備面だけでなく、その中で働くスタッフにも“付加価値を与えることが出来る人”になってほしいと考えています。そうすればおのずと、薬のプロという職人でもある薬剤師自身の本来やるべきことが見えてくるのではないでしょうか。

1年に2度、バイオ事業の本拠地であるインドネシア研修を実施。「旅行をすると見聞が広がり価値観も変わる。仲間意識も強くなるでしょう?」と、波多野社長。今後全員を連れて行く予定。
「自己成長の幸せ」「社会貢献の幸せ」「豊かな生活を送る幸せ」を実現する
これからの展望について教えてください。

私はたくさん仕事をするのがライフスタイルですが(笑)、スタッフにも楽しみたい時期、自己研鑽に邁進する時期、子育てやファミリー中心に生活したい時期などライフスタイルの年表や個性がありますよね。そのようなバランス感覚は、豊かな生活という意味で大切にしてほしいと思います。それと同時に、できれば生活の中で長く関わる仕事においても、私と同じような面白味や醍醐味を感じてほしいとも思っています。研修や自己研鑽をしたいと手を挙げたスタッフの申し出には、高い専門性と人材育成のため、できるだけ会社が投資をしたいと考えています。ですから、社員一人ひとりが会社の発展を「他人事」ではなく「自分事」と考え、助力してくれることを期待しています。

未来の社員へひとことお願いします。

当社の薬局事業は来年30周年を迎えますが、もうひとつの柱であるバイオ事業が20年を迎え、さまざまなところで進化を遂げつつあります。同様に、同業他社との差別化を図る為に進めてきた健康食品ブランドについても、相乗効果的に発展させるべく、とことんチャレンジしていきたいと思っています。「挑戦という言葉を聞くとワクワクするんです!」という方を心からお待ちしています。

IT好きの社長らしく、自社オリジナルのSNSを構築。離れた店舗同士でも 情報の共有ができる。お互いに「いいね」ポイントを付与し合い、年に一度、 溜まったポイントで豪華商品が当たる。

「個性」「興味」「得意なこと」を最大限に
活かせるフィールドが用意されています

理想の薬剤師像を実現できる環境を求めて転職を決意
入社の経緯を教えてください。

大学卒業後、大手の調剤薬局に就職しました。研修が整っており基礎をしっかり学べる点でとても良い経験でした。3年ほどで仕事にも慣れたころ、マニュアルに沿ったルーチンワークだけでなく、もっと患者さんと積極的に関われる職場を求めるようになりました。そんなとき、ドリンクバー(後にカフェ)の併設や検査スペースのある薬局店舗を持つ当社のことを知り、「付加価値の高い薬局づくり」への思いに強く共感し、転職を決意しました。

実際に入社していかがでしたか。

入職して4年が経ちましたが、毎日が充実しています。私の希望は、患者さんだけでなく一般の方も気軽に入れるカフェや、健康チェックができるなど“付加価値”のある店舗への配属でした。今は、24時間開局という、また別の付加価値を提供できる店舗で薬局長(管理薬剤師)として慌ただしい日々を過ごしています。入社当初の希望と違う配置にはなりましたが、頑張れた理由のひとつに先輩薬局長の存在がありました。コミュニケーション能力に長けたパワフルな方で、店舗の雰囲気づくりや周りへの気遣いが印象的でした。自分の不得意な分野であるコミュニケーションを少しでも克服しようと努力のきっかけになった先輩です。私も後輩やスタッフにとって、そのような存在になれたらと日々努力しています。

「基本的に勤務時間は9時~17時半で、当直は月に2回程度(契約により異なります)。残業も時々ありますが、予定がある場合は優先できるよう皆で助け合いながら行っています。家から会社まで2kmほどを自転車で通っているので健康的です」と西田さん。
より専門性を高め、1日でも多く患者さんと関わっていきたい
制度を利用して新しい資格を取得したそうですね。

入社前から抱いていたサプリメントや抗加齢医学(=アンチエイジング)の分野で患者さんに貢献したいというチャレンジを会社が応援してくれることになりました。社内の「特別担当制度」というバックアップ制度を利用して、サプリメントアドバイザーの資格、今年の6月には日本抗加齢医学会認定指導士の資格を取得することができました。抗加齢医学とは加齢に伴う動脈硬化や、癌のような加齢関連疾患の発症率を下げ、健康長寿をめざす学問です。健康志向でサプリメントが身近になった今、安心・安全に続けられるよう薬との飲み合わせはもちろん、学んだ知識を利用し必要に応じて一人ひとりにあったものを提案していけたらと思っています。

今後のプランを教えてください。

薬学的知識のみならず、健康に関わる分野の専門性を更に高め、患者さんに役立つ情報の提供を少しでも行っていけたらと思っています。また、患者さんに信頼される薬学の知識と寄り添えるコミュニケーション能力を身につけた薬剤師の育成やリクルート活動に携わりたいと考えています。私がそうだったように、自分の強みを活かし、やりたいことを実現できる環境が整っていますので、「何かやりたい」という気概を持っている方にはぜひ当社に来ていただきたいですね。

「愛情あふれるスタッフが多く、チームワークの良さが魅力です。30人ほどスタッフのいる大型店舗ですが、仕事の意見を交わし合っても建設的で、店舗作りや情報の整理・共有、スタッフ間のフォローにも皆で気を配ってくれるため、薬局長の私が助けてもらっています」と西田さん。

アットホームで、意見交換も活発!
風通しの良さが魅力

個性的な人材が、化学反応を起こす絶妙な距離感
皆さんの業務内容と、御社の魅力についてお聞かせください。

【宮近】 弊社スタッフは全74名。事務スタッフに男性スタッフが多いことも特徴の一つです。私は新卒入社ですが、他の3名は転職経験者です。

【長岡】 私は事務長として、マネジメント業務を行っています。バイオ事業と調剤薬局の2本柱で成長を続ける当社の薬局部門は、24時間開局、健康カフェの併設、健康検査など常に新しく特色のある店舗展開が魅力のひとつです。

【篠原】 私は医療系大学を卒業後、医科、歯科から美容業界、そして再び医療業界へ。「調剤薬局で全業界コンプリート!」くらいの軽い気持ちでした(笑)。でも、他の会社を経験すれば、当社がいかにアットホームで風通しが良いかがわかります。薬剤師と事務スタッフ、上司と部下、店舗間、どこをとっても仕事への姿勢が前向きで思いやりがあり、必要な意見はきちんと言い合える気持ちよさがありますね。

【赤星】 医療事務の資格取得から約10年。前職の薬局の閉店に伴い、九州メディカルに入社しました。事務でも様々な経験ができ、スキルアップにつながっている実感があります。私は産休明けからフルタイムで勤務していますが、シフト面でもフォロー体制が万全でとても心強いです。

【長岡】 たしかに。時間や休みの調整がしやすく、家庭の事情も考慮してもらえます。安定感と充実感がありますね。

「新卒の方が『九州メディカルで働きたい』と名指ししてくれるようになるのが私の目標です」と篠原さん。キャリア志向の長岡さんに対して「縁の下の力持ちが私向き。そのための力をつけたいです」という赤星さん。
チャレンジ精神がある方には、惜しみないバックアップ体制が整っています
キャリアアップのための独自の制度があるそうですね。

【長岡】 「特別担当制度」は、顧客サービスの向上と会社全体のレベルアップを目的に、スペシャリスト育成の学びの費用や時間を会社がバックアップする取り組みです。その制度を利用するスタッフをそれぞれ「特担」と呼んでいます。私はOTCや健康食品をコーディネイトする特担です。患者さんに生活習慣を整えることで薬の効果を最大限まで引き出し、服用を最小限に抑えて健康を目指してもらうという使命で、各店舗に対して健康食品の提案も積極的に行います。仕事の幅を広げられる点で、キャリアアップ志向の私には嬉しい制度ですね。

【宮近】 私はIT特担で、全店舗をつなぐツールとしてオリジナルのSNSインフラを整備しています。社員もパートタイマーも含めた全員にモバイル端末を支給し、店舗間の取り組みや、業務連絡など情報をタイムリーに共有する仕組みづくりを実施しました。他にも漢方や、サプリメント、抗加齢医学(=アンチエイジング)の分野など5名の特担が資格取得など日々研鑽を積んでいますよ。

転職を検討している方に向けてメッセージをお願いします。

【篠原】 「完全マニュアル」がない分、一人ひとりに合ったOJTや研修体制があり、やりがいを持って働けることが当社の強みです。前向きでチャレンジ精神のある方をお待ちしています。

【赤星】 多彩なキャリアを持つスタッフが揃っていて、的確なアドバイスをもらえるので安心して働くことができますよ。

代表が語るスローガン「明るく楽しく元気にやりがいを持って働ける会社づくり」を社員全員が大切にしている。代表との距離が近く、話せばきちんと聞いてくれる。「だからみんな頑張れるんです」と口をそろえる宮近さんら。

株式会社九州メディカル

設立 1987年11月27日
所在地 北九州市 小倉北区 大手町13番4号
店舗展開 8店舗
企業の特色 ■企業の変遷■
西日本調剤センター薬局を基幹店舗として、北九州市を中心に店舗展開を行い、24時間営業や健康カフェ”Pharmacy Cafe COCOFUL”併設や在宅への取り組みをしている店舗など特徴のある店舗展開をしています。
■薬局以外の事業■
1995年からバイオ事業を展開しており、2004年に久留米市に研究所を設置しています。微生物を主成分とする機能性飼料や環境改善資材などの研究開発ならびに製造を行っています。
従業員数 74名

※2016年10月現在の情報となります