サイト内の現在位置

埼玉に本部を置き、埼玉・東京・千葉など首都圏を中心に、三重・熊本・宮崎に49の調剤薬局を運営するイントロン。同社は医師の開業支援を行い、その門前に薬局を構える形で成長を遂げてきました。患者様や医師、従業員、取引会社など、あらゆる人々との関係を大切に築いてきた同社には、創業から20余年経った今も「人を大切にする風土」がしっかりと根付いています。たとえば働きながら家庭との両立を図る子育て中の薬剤師やスキルを高めたいと願っている薬剤師など、あらゆる従業員の思いを受け止め、実現に向けて全力で支援。近年は医療モール内に出店するなど、医療業界の新しい動きにもいち早く対応しています。薬剤師一人ひとりが“最高の環境”で働きながら、プライベートも充実させていることが、今回の取材で伝わってきました。

結婚を機に、薬局薬剤師のキャリアをスタート。
公私ともに充実した日々に、心から満足。

病院薬剤師から薬局薬剤師へ。管理薬剤師として医療モール内の薬局を運営
転職から現在に至るまでのキャリアを教えてください。

前職は病院薬剤師で、福島の中規模病院に2年ほど勤務しました。結婚を機に、妻の実家がある埼玉県内に転居。働く環境やワーク・ライフ・バランスなども考慮して、薬局薬剤師を希望しました。2008年にイントロンに入社し、上福岡にあるオリーブ薬局に配属。その後、耳鼻科の門前薬局を経て、現在は小江戸薬局駅前店に管理薬剤師として勤務しています。

小江戸薬局駅前店は医療モール内にあるとか。

2015年11月、川越駅前のビル内に医療モールがオープンすることになり、小江戸薬局駅前店もこのオープンに伴って開局しました。耳鼻科や胃腸・肛門科、眼科、整形外科などのクリニックが入っており、応需している処方箋の多くが医療モール内で出されたものになります。駅前のバス停のすぐ近くにあるため、交通の便が良く、会社帰りに立ち寄ってくださる患者様も多いですね。近隣の大学病院や総合病院などからの、医療モール以外の処方箋も少しずつ増えてきています。

医療モールの場合、“医療機関との距離が近い”というメリットがあり、疑義照会などをする際には直接、クリニックを訪問して聞くことも多いですね。先生方も気軽に質問に来てくださるので、医師と薬剤師が理想的な関係を築けていると実感しています。

管理薬剤師として3年の経験を積み、「新しいことにチャレンジしてみたい」と思っていた頃、新店異動の話を受けた。現在は医療モール内の薬局で、薬剤師がのびのび働けるよう“現場の雰囲気作り”に力を入れている。
仕事が充実しているからこそ、プライベートも充実する。
イントロンで働く魅力をどこに感じますか?

私の場合、転職して3年ほどで管理薬剤師昇格の話をいただきました。常に社員の未来を見据えてキャリアを提示してくれるのは、当社で働く最大の魅力だと思います。また、ブロック長がエリア内の薬局をとりまとめており、忙しい薬局にブロック長が自らヘルプに入るなどの措置を執ってくれます。おかげで、どの薬剤師も希望通りの有休を取得することができます。もう一つ、現場の雰囲気の良さも当社の魅力として挙げたいですね。自ら提案して患者様にお渡しする資料をつくるなど、どのスタッフも協力的。とても良い雰囲気の中、仕事に取り組むことができています。

最後に、今後の目標をお聞かせください。

どんなに意欲のある薬剤師でも、過酷な環境では心がすり減ってしまうでしょう。逆に、会社のサポートがしっかりしていればワーク・ライフ・バランスが取れ、オン・オフともに充実した生活を送ることができます。当社は、社員一人ひとりの人生そのものを応援してくれる会社。公私ともに充実できる今の環境に心から満足しています。今後の目標は、より多くの患者様にご利用していただける薬局に育てていくこと。薬局運営を通じて、川越市民の皆様の健康を支えていけたら本望です。

好奇心旺盛。些細なことでも、疑問が生じたらすぐに調べ、確認する本田さん。仕事をする上で大切にしているのは「協調性とスピード」で、その穏やかかつ真摯な人柄から、スタッフを始め、医師からの信頼も厚い。

“信頼”を基盤に、49の調剤薬局を展開。
近年は医療モール内の出店に力を入れています。

選ばれる薬局を目指して20余年。医師の開業支援や、海外展開も――。
御社の企業理念には、どのような思いが込められていますか。

イントロンは、製薬会社のMRを務めていた創業者が1993年に設立した会社です。以来、創業者がMR勤務時代に培った医師との信頼関係を基盤に、調剤薬局を展開してきました。現在、運営している調剤薬局は49店舗。「患者様に貢献できる、先生方から信頼される、社員一人ひとりが活き活きと働ける保険調剤グループになること」を経営理念に掲げ、患者様、医師、取引会社、そして従業員から信頼される会社を目指してきました。本社と現場の距離が近く、創業者を始め役員自ら店舗を頻繁に訪問。創業者の「従業員あってのイントロン」という考えが、当社の風土として根付いています。

近年の店舗展開については、いかがですか。

当社が運営する薬局の多くが開業予定の先生方のお声がけにより開局しており、開局した薬局の評判を聞いた先生から誘いをいただくことも珍しくありません。先生方とのパートナーシップを軸にした店舗展開は、創業当初も今も変わりありません。近年の傾向としては、医療モール内の展開が挙げられます。小江戸薬局駅前店は、クリニックの誘致も含めてお手伝いさせていただきました。医療機関の開局支援は当社の主軸事業の一つであり、海外展開を検討している先生のサポートも行っています。

近年は、医療機関の誘致も力を入れており、医療モールの開業支援も行っている。2016年中には、さいたま市内に医療モールがオープン予定。それに伴い、イントロンも薬局を開局し、地域医療を支えていく予定だ。
イントロンの理念に共感してくれた方を、新たな仲間として受け入れたい。
増子さん自ら、採用面接をされているそうですね。

はい。すべての面接に同席しています。面接に当たっては、「ありのままのイントロンを知っていただく」というスタンスで臨み、嘘偽りのない情報提供を心がけています。たとえば当社は他社の資本が入っていないため、一切の制約を受けません。「当社が望む通りの会社経営ができる」というメリットがあるからこそ経営理念を全うできることや、「従業員を大切にする」という風土が根付いていることをお伝えしています。創業以来、良き仲間に恵まれたからこそ、イントロンはここまで成長することができました。こうしたイントロンならではの良さを、みなさんに知っていただきたいですね。

最後に、御社が求める人材像についてお聞かせください。

私が転職を希望するみなさんに求めることはただ一つ、当社の理念を理解してくださることです。たとえ経験が浅くても、イントロンの想いを共有できる方であれば、当社で経験を積むことで求める人材像に自ずと近づいていくでしょう。私たちも現場で働く社員一人ひとりと向き合いながら、仲間と共に地域医療に貢献していきたいと願っています。一人でも多くのみなさんが、私たちの考えに共感してくださるとを願っています。

本社、ブロック長、現場のスタッフ――。部署や店舗を越えた社員同士の絆があるからこそ、どんな時も笑顔で働くことができる。イントロンの温かな風土に引かれて転職する社員も多いという。

意欲ある社員が活躍・成長できる会社。
充実の福利厚生も、社員に大好評です!

転職者一人ひとりのスキル習熟度に合わせて、研修プログラムを構築。
長く研修部門を担当してこられたそうですね。

実は私、イントロンを一度退職し、別の会社に勤務していたんです。幅広いキャリアを求めての転職でしたが、一定のキャリアを積んだ頃、再びお声がけをいただき当社に再入社しました。再入社後、改めて社内や各店舗を見渡し、研修制度の見直しが必要だと実感。そこで会社に提案し、主に接遇やマナー面の研修を任せていただくことになりました。中途で入社した方の場合、特定のスキルに自信がないと感じていることもあります。そこで、外部のセミナーを活用してその方が必要とするプログラムを組み、受講してもらっています。社員から「不安がなくなった」という意見をもらっており、研修担当として非常にやりがいを感じています。

再入社後、改めて感じるイントロンの魅力はありますか。

当社には、社員の意見を吸い上げる文化があります。たとえば「患者様のために、こういうことをやってみたい」と現場のスタッフが提案した時、「いいね、やってみよう」と受け止めてくれる。だからこそ、常に「現場で気づいたことがあったら、自分から発信しよう」という意欲とやりがいをもって働くことができます。これは本社に勤務する私も同様で、研修見直しの提案をした際には「会社のためになるのなら」と、上司や周囲のスタッフが心強くうなずいてくれました。

社員の発案により、新たな取り組みが次々と生まれているイントロン。「今年から人事考課制度を導入。努力したプロセスも評価対象とするなど、総合的かつ公正に社員の能力を認めてもらえるようになりました」
軽井沢の別荘を始め、保養所のラインナップも豊富。大好評の福利厚生
福利厚生がとても充実しているとか。

社員が公私ともに充実した生活が送れるよう、福利厚生の充実化を常に図っています。特に好評なのが軽井沢の別荘と、舞浜にあるホテルオークラ東京ベイ。どちらも当社が直接、保養所契約を結んでおり、毎月数名の社員が利用しています。直接契約なので、「空室がないため利用できない」ということもありません。私も軽井沢の別荘を2ヶ月に一度は利用しています。雪に包まれた軽井沢も、とても素敵ですよ。

産休育休制度は、これまで46名の社員が取得しています。(※2016年9月現在)働くお母さんが身近にたくさんいて、私自身も子育て中の身なので、とても心強いですね。このほか、確定拠出年金制度も社員に好評です。退職金の代わりに導入したもので、転職後も引き継ぐことができます。

イントロンが求める人材について教えてください。

私たちが評価するのは、その方の“未来”です。今のスキルではなく、1年後、5年後にどのように成長しているかを判断した上で、採用しています。成長を支えているのは、本人の意欲や人柄。たとえば相手を思いやる気持ちや、前向きに努力を続けていく姿勢などをもった方なら、イントロンの環境の中でまっすぐに伸びていくでしょうし、私たちもそのような方々の成長を全力で支援していきたいと願っています。

「本社や店舗研修以外にも、外部機関のセミナーを活用して社員一人ひとりに合わせた研修プログラムを構築しています。配属も、複数の店舗を経験した後に決定するなど、無理なく現場になじめるよう配慮しています」

イントロングループ(小江戸薬局駅前店)

設立 1992年05月
所在地 川越市脇田本町13-5 川越第一生命ビルディング8階
店舗展開 ■店舗数:44店舗
■店舗展開:埼玉県、東京都を中心に千葉県、三重県、熊本県、宮崎県に店舗展開
企業の特色 ■多くの店舗が週休2.5日のシフトを組んでおり、社員がゆとりを持って働ける環境があります。
■大学病院在籍の医師を中心に新規開業支援を行っており、その門前に薬局を出店する出店方式をメインに店舗展開しています。
■処方元との関係性は良好で、スムーズな疑義照会ができています。医師との合同勉強会も開催しており、様々な知識が身に付けられます。
■元MRなどの調剤薬局未経験の方が多数在籍しています。これまでの経験を生かせる環境のある薬局です。
従業員数 【薬剤師人数】107名