サイト内の現在位置

株式会社清水薬局

「こんにちは!」「ありがとうございます」――いつ訪れても、明るい挨拶が聞こえてくる。東京のJR豊田駅周辺で調剤薬局を7店舗運営する清水薬局は、周辺地域に住む人々になくてはならない“地域密着型の薬局”だ。2014年秋に吉祥寺エリア進出も果たし、今後の活躍がますます期待できる。穏やかであたたかな雰囲気、仲間思いの社員が揃っていること、経営者が従業員満足度を重視した経営をしていることなど、同社の魅力は数多くある。たとえば向上心の高い社員が揃っていること。「学びたい」「スキルを高めたい」という社員の声がきっかけで、eラーニングの活用がスタート。こうした学びの機会を活用して、薬剤師の半数以上が認定薬剤師資格を取得しているという。

吉祥寺エリアのマネージャーとして
店舗拡大のプロジェクトに挑戦します!

望むキャリアを実現すること。これが清水薬局に転職した一番の理由
転職を考えるようになった経緯を教えてください。

清水薬局に転職するまで、3つの調剤薬局に勤務してきました。1社目の薬局では、早々に管理業務をやらせてもらうなど、やりがいを感じていたのですが、結婚を機に、引っ越し先に近い薬局へ転職。しかし、新しい職場では望む仕事になかなか携わることができませんでした。やがて、スキル、キャリアともに先が見えない状況に不安を感じ、転職を考えるように。そこで当社に出会ったのですが、条件はポスト・待遇共にほぼ希望通り。社長の考えや会社の方針にも共感し、すぐに入社を決意しました。

管理薬剤師として、どんなことに取り組んできましたか。

まずは薬局内の雰囲気づくりに注力しました。また、各従業員の業務を見直し、役割分担を明確にしました。薬局長代理のポジションをつくって、薬剤師に一定の権限を与えたのは、その一例です。これらの取り組みを通じて、店内の雰囲気がオープンになり、発言しやすい環境に改善されたと思います。加えて、スタッフの向上心や責任感が高まりました。私一人の考えではできないことも、スタッフが力を合わせて協力してくれることで実現できます。何よりも、彼らが成長していく姿を見るたびに、責任者として大きな喜びを感じます。

マネジメント業務に積極的な伊藤さん。「最近は事務スタッフの採用・育成にも力を入れています。薬剤師はもちろん、事務スタッフも含めて、誰にとっても働きやすい環境にしていきたいですね」と意気込む。
エリアマネージャーとして、新天地・吉祥寺で店舗拡大を目指します!
現在は、エリアマネージャーに専念しているそうですね。

清水薬局はJR豊田駅周辺に店舗を構えてきましたが、新たに吉祥寺エリアに進出。エリアマネージャーとして、吉祥寺エリアを統括することになりました。清水薬局の店舗展開はとても特徴的で、近隣の店舗はすべて、徒歩圏内にあります。そのため、店舗間の連携が非常に取りやすく、経営面のメリットがたくさんあります。他店舗への応援にも入りやすいですし、薬の在庫が足りないときも気軽に声をかけ合うことができます。このように、限定したエリア内に店舗展開をする清水薬局のビジネスモデルを、吉祥寺にも応用したいと思っています。

最後に、清水薬局へ入社を検討している方にメッセージを。

管理薬剤師のようなマネジメント業務に携わりたいのか、それとも薬剤師としてスキルを磨きたいのか。目標を明確にした上で、転職を検討している企業の事業内容や取り組みを確認していくことが大切です。私の場合、キャリア志向があったので、面接時に「幹部候補生を探している」という言葉をいただいたことが、転職のきっかけになりました。清水薬局はキャリアアップを目指している人にとっても、薬剤師の職能を伸ばしたい人にとっても最適な職場。これから転職する方にも、ぜひ、当社で理想のキャリアを叶えていただきたいですね。

「この会社で目標が叶えられるだろうか。そう心に問いかけた時、清水薬局なら叶うと確信しました。当時の印象通り、管理薬剤師からエリアマネージャーと、順調にキャリアアップしています」

「今が最高に楽しい」と胸を張れる職場。
次の目標は、管理薬剤師として独り立ちすることです!

明るい雰囲気の店舗と、笑顔のスタッフ。見学時に感じた会社の魅力
まずは、転職を決意したきっかけを教えてください。

大学を卒業後、地元の調剤薬局に3年勤務。その後、病院に転職し、まる3年間勤めました。薬剤師数が圧倒的に少ない地域で仕事の負担が大きく、長く働くのは現実的でないように感じたことが、転職を決めた一番の理由です。また、30歳を目前にして、「大きな挑戦をするなら、これが最後かもしれない」とも思いました。

清水薬局へ入社した理由は?

薬局見学時の印象がとても良かったからです。人材紹介会社に登録をし、数社ご紹介いただいたのですが、清水薬局は他の薬局にはない魅力がありました。第一に、薬局内の雰囲気が抜群に良かったこと。店舗に足を踏み入れた瞬間、スタッフが明るい笑顔で挨拶をしてくれて。また、薬剤師と事務スタッフの仲が良く、チームワークが取れていることも感じられました。もう一つ、社長が面接時に「ぜひ当社に来てほしいけれど、いろいろな会社を見て、しっかり考えて選んでください」と、思いやりある言葉をかけてくださったことも、清水薬局への入社を決めた理由の1つです。

「清水薬局が運営する店舗はいずれも明るく、オープンな雰囲気。スタッフ同士の仲が良く、仲間思いの従業員が揃っているので、きっと楽しく働けると思ったことが、入社の決め手です」
想定外の残業は、なし。ワークライフバランスも完璧です!
実際に清水薬局で働いてみての感想は?

転職して1年が経ちますが、「今まで勤務したどこの薬局・病院よりも、今が一番楽しく充実している!」と断言できます。清水薬局では、互いに助け合うのは当たり前。転職当初は慣れない業務にとまどいもありましたが、穏やかな社風のおかげで、わからないことも気軽に質問できました。また、想定外の残業もなく、自分の時間もしっかり作れます。休日、店舗の先輩と一緒にショッピングを楽しむこともあるんですよ。ワークライフバランスが取れるかどうかは転職時に重視したポイントで、現在の環境に心から満足しています。

薬剤師として、日頃から心がけていることは? また、今後の目標をお聞かせください。

薬局は、診察や検査を受けた患者さんが最後に訪れる場所。慣れない場所に行ってお疲れだと思うので、せめて薬局内ではリラックスしていただけるよう、笑顔で接することを心がけています。清水薬局をご利用くださる患者さんは、みなさん良い方ばかりで、いつも気軽に声をかけてくださいます。私はこの10月から新店に異動することが決まり、管理薬剤師として店舗の運営に取り組む予定です。しばらくの間は、エリアマネージャーのサポートを受けながら、マネジメントのスキルを磨いていく予定です。

「清水薬局は面で処方せんを受けているので、処方薬の種類が豊富。かといって、業務に忙殺されることもありません。幅広い経験を丁寧に積みたい人にとって、最適な職場だと思います」と、川並さん。

創業以来、変わらずに抱き続けてきた企業姿勢。
社員の幸せを第一に考え、地域に貢献すること

創業40余年。7店舗の調剤薬局を運営する地域密着型企業
清水薬局は、JR豊田駅周辺に店舗展開なさっていますね。

当社の創業は昭和46年。私の母が“昔ながらの薬局”を開業したのが始まりです。その後、調剤薬局第1号店をオープン。徐々に店舗拡大し、現在は計7店舗を経営しています。豊田駅周辺に集中しているのは、この地域に経営の地盤があり、物件の良い情報が入手しやすかったことが挙げられます。物件の情報が入っても闇雲に店舗を広げず、十分に吟味した上で新店舗を立ち上げてきました。私は大学卒業後、製薬会社のMRとして勤務していましたが、調剤薬局第2号店の開店を機に退職。当社で働くようになりました。

経営者として大切にしていることはありますか。

「従業員が幸せに働いてこそ、患者さんに十分なサービスを提供できる」という考えのもと、従業員満足度の向上に力を入れています。第一に、十分な数のスタッフを雇用・配置すること。また、待遇や働く環境の構築にも積極的に取り組んできました。たとえば、残業の負担はないか。また、有給はしっかり消化できているか。1つひとつを見直し、改善してきました。経営者が自分の方針を従業員に押しつけるのではなく、従業員が自分からやる気をもって働けるような環境をつくること――この方針は、これからも変わることはありません。

薬学部卒の清水社長。経営はもちろん、週に3日は薬剤師として店舗に入り、調剤業務に携わっている。「現場に入ることで働く従業員の気持ちが理解できるし、互いの距離も縮まります」
地域のニーズに合わせ、在宅医療を推進していく
新しく在宅医療への取り組みを始めるとうかがいました。

まずは日野エリアを中心に在宅医療への取り組みを行います。競合他社との取り組みの違いとしては、専属のMRが在籍しており、在宅案件の獲得を行う点です。これにより、薬剤師は在宅医療の業務のみに集中できます。また、安定した、在宅件数を獲得することが見込める為、現在は、在宅専任担当が1名おりますが、今後処方せんの増加とともに増員予定です。

在宅医療を始めるにあたり、求める人物像を教えてください。

調剤経験があれば、在宅未経験でも大歓迎です。これから一緒に在宅医療への取り組み方を作り上げていきたいと考えています。もちろん在宅経験者でも存分に活躍できる環境は整っていると思います。在宅医療を行うにあたり、患者さんを思いやる気持ちはより一層求められます。また、医師や事務スタッフと協力しながら仕事を進めていく姿勢も求められますね。“他者を思いやる気持ち”を持っている方と一緒に働いていきたいですね。

2015年から本格的に在宅医療への取り組みを開始する。創業以来40年間にわたり、地域の方々の健康をサポートしてきたが、今後も地域に必要な薬局として変化していく。

株式会社清水薬局

設立 昭和46年7月
所在地 東京都日野市多摩平3-12-13 クレセントハイツ1F
店舗展開 東京都日野市に7店舗展開
企業の特色 ■全店駅から徒歩圏内という非常にアクセスの良い薬局です。マイカー通勤も可能です。
■勉強熱心な薬剤師が多く在籍しており、薬剤師全体の半数以上の方が認定薬剤師資格を取得しています。
■20代~50代まで幅広い年代の方が働いています。患者様への応対ひとつをとっても皆さん工夫をしているため様々な手法を学べます。
■各店舗に散薬の監査システム、眼科薬調剤のためのクリーンベンチを設置しています。
従業員数 【薬剤師】 38名 【平均年齢】 35歳

※この情報は、2014年10月時点のものです