サイト内の現在位置
エリアのおすすめ企業をピックアップ! エリアカルテ

株式会社メディカルサポート

静岡県三島市に「あおぞら薬局」を運営するメディカルサポートは、静岡県東部を中心に深刻化する「高齢化問題」に、真正面から取り組む薬局です。認知症をメインとする外来調剤をはじめ、施設や個人宅の配薬・服薬指導の実績は群を抜いています。現在、15施設と10数件の個人宅に配薬、服薬指導を行っています。薬局が入るビルは医療機関や介護関連施設も入居し、医師・看護師・ケアマネジャーなどとの多職種連携も実践的。薬剤師として地域医療に貢献する手応えが感じられる職場です。一方で大切に人を育てたいという思いから、各業務をきちんと分担化するとともに、最新機器を備えた2つの調剤室を設けるなど働きやすさにも配慮しています。有給休暇もしっかり取れ、オンオフのバランスよく働きながら成長できる環境です。

LET'S GO

JR線や私鉄など多くの路線が乗り入れる三島駅から徒歩すぐの場所に立地。通勤のアクセスも抜群です。さらに、あおぞら薬局が1階に入るこのビルには、階上にクリニックのほか、サービス付き高齢者住宅と認知症対応のデイケアサービス、居宅介護支援事業所と接骨院があり、医療機関と密に連携する「薬局の枠を越えた医療サービス」を効率よく提供できる環境です。もちろん地域の訪問看護ステーションとも連携。実践的な「多職種連携」が機能しています。

01

カウンター広々の心地良い店舗

薬局待合室は処方箋受付や投薬が効率良くできるよう、カウンターを広めに設置しています。待合室も広々として10数名は楽に座れる椅子のほか、カウンター手前には車椅子で待機できるスペースがあります。スタッフは薬剤師と事務を合わせて現在4名。外来に在宅にとニーズが高まる一方の薬局なので、社長も現場で常時働いています。社長との距離が近いことからスタッフの様子が手に取るようにわかり、福利厚生面でも配慮が行き届きます。

02

最新機器が揃う第1調剤室

施設調剤や在宅調剤の依頼が増えたため、効率化や混同防止を図ってこのほど調剤室を増設。写真の第1調剤室もリニューアルしました。自慢は最新の分包機を導入したことで、ヒヤリハットを防止するためのユニバーサルカセットを備えていることこと。分包を自動に行うのに加えて、目視以外の監査機能により重点ミスを防ぐことができます。また監査台が広いのも特徴で、施設調剤の配達準備などのスペースをゆったりと確保しています。

03

第2調剤室にも分包機を設置

もとの休憩室を改修してつくった第2調剤室。第1調剤室で施設調剤を行っている際、外来で一包化の依頼があった場合に備えて、ここでも一包化ができる体制を確保しています。いずれは両方の調剤室で施設調剤を行うことも視野に入れています。また薬局内に休憩室がなくなったことからすぐ近くのマンションの一室を用意しました。お昼や休憩時間など、職場から離れてしっかりとリフレッシュできます。

PICK UP

施設や在宅調剤が盛んな薬局というと「ハードルが高い」という印象を持たれる方もいるかもしれませんが、心配はありません。あおぞら薬局では一包化調剤から監査、外来投薬、施設訪問など各業務を分担化しています。ですから経験の浅い方でもそれぞれの領域ごとに業務を覚えながら、着実にステップアップすることができます。1店舗なので休みもスタッフ同士で都合を調節しながらしっかり取れます。有給休暇の消化実績も高く、働きやすさも自慢です。


株式会社メディカルサポート

所在地 静岡県三島市1番町13-11 ヒルトップ壱番町1階
店舗展開 ■静岡県:1店舗
企業の特色 【事業内容】
■調剤薬局の経営